ジョブアッタ介護

介護に特化した介護求人サイト。

宮崎市、都城市など宮崎県の介護求人の待遇等の動向

宮崎県の介護求人の動向

宮崎市、都城市、延岡市などの求人・給料・離職率などの情報

 

宮崎県の総人口は減少が続き、高齢者数は増加

宮崎県の総人口は各年10月1日時点で平成22年が約1,135,000人、平成24年が約1,126,000人、平成26年が約1,115,000人で、減少が続いています。

また高齢者(65歳以上)人口の推移は平成22年が約291,000人、平成24年が約299,000人、平成26年が約317,000人となっており、年々増加しています。

高齢化率は平成26年で28.6%にのぼり、全国平均を上回って高齢化が進んでいます。

(出典:宮崎県総合政策部統計調査課「宮崎県の推計人口と世帯数(年報)」)



 

長崎県に次ぐ九州地方で高齢化率が2番目に高い宮崎県。高齢化人口の増加に伴い介護認定者も年々増加

宮崎県内の高齢者は最近の4年間(平成22年~平成26年)26,000人増加しているのに対し、総人口は20,000人減少しており、総人口における高齢者の比率は平成26年には28.6%と全国平均を上回る水準となっています。

また、最近の統計によると宮崎県内で暮らす高齢者のうち介護サービスが必要とされる要介護・支援の介護認定を受けている人数は合計で59,300人(要支援15,300人、要介護43,900人)となっています。(平成26年10月)

宮崎県で介護認定者数が多い市町村は、都市の規模もありますが宮崎市の約16,700人が最も多く、次に都城市99,000人、延岡市7,800人、日南市の3,900人、小林市3,000人、日向市2,800人と続きます。

(出典:WAMネット)



 

宮崎県の介護職の求人倍率はどのくらい?

宮崎県の平成26年11月時点の有効求人倍率は0.97倍で、全国平均の1.12倍を下回る水準です。

職種別にみると、平成25年度の介護職の有効求人倍率は1.33倍で、全国平均に比べると低い値ですが、県内でみると全職業の合計値0.81倍を上回り、介護職は人材不足の傾向にあります。

同時点のその他の職種では建設分野が1.42倍で、やはり人手不足の状況です。

(出典:宮崎労働局「雇用失業情勢」「人材不足分野における雇用管理改善及び非正規雇用労働者の正社員転換等の促進に係る啓発運動の実施について」)



    宮崎県の介護求人を検索    
 
 
 
失敗しない就職、転職の秘密
 
   

南国リゾートとして知られ、マンゴーや宮崎牛などが名産の宮崎県

宮崎県は九州の南東部に位置し、県庁所在地は宮崎市で人口約40万、他に都城市、延岡市が人口10万人を超えています(平成26年時点)。

温暖な気候で、県の木であるヤシの木の一種フェニックスがあちこちにあり、南国情緒のある土地です。

リゾート施設のシーガイアや、日本神話に登場する高千穂、日向灘をのぞむ日南海岸などが代表的な観光地です。

名産品としては太陽のタマゴ(マンゴー)や日向夏、宮崎牛、宮崎地鶏が有名です。

またプロ野球やサッカーのキャンプ地としてもよく利用されています。


   

各都道府県の介護業界の動向と求人の情報

北海道・東北エリア
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東エリア
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
北陸・甲信越エリア
山梨 長野 新潟 富山 石川 福井
東海エリア
愛知 岐阜 静岡 三重
関西エリア
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国エリア
広島 岡山 山口 鳥取 島根
四国エリア
香川 愛媛 徳島 高知
九州・沖縄エリア
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄