ジョブアッタ介護

介護に特化した介護求人サイト。

長崎市、佐世保市など長崎県の介護求人の待遇等の動向

長崎県の介護求人の動向

長崎市、佐世保市、諫早市などの求人・給料・離職率などの情報

 

長崎県の総人口は減少、高齢者人口は増加している

長崎県の総人口は各年10月1日時点で平成22年が約1,427,000人、平成24年が約1,408,000人、平成26年が約1,386,000人となっており、減少が続いています。

一方、高齢者(65歳以上)人口は平成22年が約369,000人、平成24年が約378,000人、平成26年が約397,000人と増加を続けており、高齢化が進んでいます。

高齢化率は平成26年10月時点で28.7%で、全国値を上回っています。

(出典:長崎県統計課「長崎県異動人口調査 年齢別市町別推計人口」)



 

長崎県は高齢者のうち約22.7%にあたる90,200人が介護サービスが必要とされています

全国と同様、県内の総人口が減少する一方で高齢者が増加している長崎県ですが介護サービスが必要と各市町村から認定を受けている高齢者もやはり年々増加しています。

2015年10月時点で長崎県内の要介護支援者は合計で90,200人となっており、高齢者人口の約22.7%にあたります。これは全国平均の18%を上回るペースで介護が必要な方がいることを表しています。

主要な市町村別の介護認定者数みると、長崎市約29,800人、佐世保市16,500人、諫早市6,900人などとなっています。

(出典:WAMネット)



 

長崎県の介護の求人倍率はどのくらい?

長崎県の平成26年11月時点の有効求人倍率は0.86倍で、全国でも低めの水準となっています。

職業別に見ると、介護職の求人倍率は平成26年10月時点で1.37倍です。全国値と比べると低い水準ですが、県内の職業の中では高く、人手不足感があります。

その他の医療・福祉分野では看護師等が1.61倍、保育士が0.88倍となっています。また介護の他に建設分野も人材不足であり、建設・土木技術者が2.76倍、建設躯体工事が5.74倍、建設(大工・左官・配管等)が2.36倍となっています。

(出典:長崎労働局「長崎県の雇用失業情勢について」「介護分野での人材確保対策として事業主向けパンフレットを作成~魅力ある職場づくりを目指して~」)



    長崎県の介護求人を検索    
 
 
 
失敗しない就職、転職の秘密
 
   

異国情調あふれる観光地やカステラ、ちゃんぽんなどが有名な長崎県

長崎県は九州の北西部に位置し、対馬、壱岐諸島、五島列島など島の数が日本一多い県です。

県庁所在地は長崎市、その他の主な市は佐世保市、諫早市などです。

江戸時代に出島がおかれオランダとの貿易が行われ、キリスト教徒の多い土地でもあり、グラバー園や大浦天主堂など異国情緒のあふれる観光名所があります。

その他、ハウステンボス、平和公園、島原城、九十九島などが観光スポットとして有名です。名物としてはカステラやちゃんぽん、皿うどん、佐世保バーガーなどが良く知られています。


   

各都道府県の介護業界の動向と求人の情報

北海道・東北エリア
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東エリア
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
北陸・甲信越エリア
山梨 長野 新潟 富山 石川 福井
東海エリア
愛知 岐阜 静岡 三重
関西エリア
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国エリア
広島 岡山 山口 鳥取 島根
四国エリア
香川 愛媛 徳島 高知
九州・沖縄エリア
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄