ジョブアッタ介護

介護に特化した介護求人サイト。

佐賀市、唐津市など佐賀県の介護求人の待遇等の動向

佐賀県の介護求人の動向

佐賀市、唐津市、鳥栖市などの求人・給料・離職率などの情報

 

佐賀県は九州で最も人口が少なく、かつ減少傾向、一方で高齢者人口は増加

佐賀県は九州で最も人口が少なく、総人口の近年の推移は各年10月1日時点で平成22年が約850,000人、平成24年が約844,000人、平成26年が約835,000人となっており、毎年減少が続いています。

一方で高齢者(65歳以上)人口は平成22年が約208,000人、平成24年が約213,000人、平成26年が約224,000人と増え続けており、平成26年の高齢化率は26.9%に達します。高齢化率は全国平均をやや上回る値です。

(出典:佐賀県経営支援本部統計分析課「推計人口」)



 

佐賀県も他県同様に高齢化が進み介護が必要な高齢者も増加傾向

高齢化が進んでいる日本ですが佐賀県に関しても平成22年~26年の4年間の間に総人口は1万5千人減少している一方で65歳以上の高齢者は1万6千人増加しています。高齢化率も平成22年の24.4%から4年間で2.5%増加しています。

ただし、高齢者=介護が必要というわけではありません。平成26年10月時点で介護のサービスが必要(要支援・要介護の介護認定を受けている高齢者)とされる方は、佐賀県内で約44,600人となり高齢者人口の約20%となります。

この数字は他の県に比べるとやや高い値となり、佐賀県には介護支援が必要な高齢者がやや多いといえます

佐賀県内の各市町村別での介護認定者をみると、佐賀市を含む佐賀中部広域で約17,800人、鳥栖市を含む鳥栖地区広域市町村県9,900人、唐津市6,700人、伊万里市3,500人などとなっています。

(出典:WAMネット)



 

佐賀県の介護職種の求人倍率はどのくらい?

佐賀県の平成26年11月時点の有効求人倍率は0.89倍で、全国平均の1.12倍を下回っています。

介護の職種における有効求人倍率は平成25年度で1.45倍となっています。全国値と比べると低い水準ではあるものの、人手が不足している状況です。

その他にも建設の職種で有効求人倍率が1.62倍であり、建設・介護の2分野において人材不足が深刻化しています。

(出典:佐賀労働局「一般職業紹介状況」「人材不足分野における雇用管理改善及び非正規雇用労働者の正社員転換等の促進に係るキャンペーンの実施について」)



    佐賀県の介護求人を検索    
 
 
 
失敗しない就職、転職の秘密
 
   

有田焼や佐賀牛、吉野ヶ里遺跡、嬉野温泉などが有名な佐賀県

佐賀県は九州の北西部に位置し、北は玄界灘、南は有明海に面しています。

主要な市は、県庁所在地の佐賀市、北部地域の中心都市である唐津市、交通の要衝である鳥栖市などです。

観光地としては吉野ヶ里遺跡、虹の松原、嬉野温泉、武雄温泉などが知られています。また、有田焼(伊万里焼)や唐津焼などの陶磁器、ブランド牛の佐賀牛、さがほのか(イチゴ)、みかん、有明の海苔などが有名です。

米どころでもあり、その関連で日本酒の醸造もさかんです。


   

各都道府県の介護業界の動向と求人の情報

北海道・東北エリア
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東エリア
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
北陸・甲信越エリア
山梨 長野 新潟 富山 石川 福井
東海エリア
愛知 岐阜 静岡 三重
関西エリア
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国エリア
広島 岡山 山口 鳥取 島根
四国エリア
香川 愛媛 徳島 高知
九州・沖縄エリア
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄