ジョブアッタ介護

介護に特化した介護求人サイト。

高松市、丸亀市など香川県の介護求人の待遇等の動向

香川県の介護求人の動向

高松市、丸亀市、三豊市などの求人・給料・離職率などの情報

 

香川県の総人口は減少しており、65歳以上の高齢者数は増加

香川県の総人口は各年10月1日時点で平成22年が約996,000人、平成24年が約989,000人、平成26年が約981,000人となっており年々減少しています。

一方、高齢者(65歳以上)人口は平成22年が約253,000人、平成24年が約263,000人、平成26年が約282,000人と増加しており、高齢化が進んでいます。

高齢化率は平成26年10月で29.2%で、全国平均よりも高い値になっています。

(出典:香川県統計調査課「香川県の年齢別推計人口」)



 

香川県の高齢者率は全国水準よりも高く、高齢者人口は4年間で約11.5%増加

香川県の高齢化率は全国平均より高い水準となっており、平成26年10月末時点での香川県で介護が必要と介護認定を受けている高齢者は、高齢者人口の約19.7%にあたる55,700人となっています。

全国平均では高齢者人口の約18%が介護認定をされていることから、香川県の高齢者の方々はお元気な方が多いことがいえるでしょう。

主要都市での介護認定者数を列挙すると、高松市で約23,200人、次いで丸亀市4,800人、三豊市4,200人、さぬき市3,500人、坂出市3,300人となっています。

(出典:WAMネット)



 

香川県の介護サービスの求人倍率は高めの傾向

香川県の平成26年11月時点の有効求人倍率は1.27倍で、全国平均の1.12倍を上回っています。

職業別の求人倍率を見ると、介護サービスの職業が2.78倍となっており、また社会福祉の専門的職業では1.53倍です。介護関連は人手不足の状態にあると言えそうです。

その他の職業では、保健師・助産師・看護師が3.51倍、建築土木技術者が4.28倍、建設・採掘の職業が4.06倍などと高い傾向で、求職者数の多い事務的職業は0.41倍となっています。

(出典:香川労働局「労働市場情報」)



    香川県の介護求人を検索    
 
 
 
失敗しない就職、転職の秘密
 
   

讃岐うどんやこんぴらさん、小豆島で有名な香川県

香川県は四国の北東に位置し、瀬戸大橋で本州と連絡しています。

県庁所在地は高松市で、その他に丸亀市、三豊市などが人口の多い市です。

古くは讃岐国と呼ばれており讃岐うどんは有名で、うどんの消費量も全国1位であり、近年「うどん県」として観光アピールを行っています。また、小豆島のオリーブやそうめん、郷土料理のしょうゆ豆なども有名です。

観光スポットとしてはこんぴらさんと親しまれる金刀比羅宮、栗林公園、丸亀城、小豆島などが良く知られています。


   

各都道府県の介護業界の動向と求人の情報

北海道・東北エリア
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東エリア
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
北陸・甲信越エリア
山梨 長野 新潟 富山 石川 福井
東海エリア
愛知 岐阜 静岡 三重
関西エリア
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国エリア
広島 岡山 山口 鳥取 島根
四国エリア
香川 愛媛 徳島 高知
九州・沖縄エリア
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄