ジョブアッタ介護

介護に特化した介護求人サイト。

奈良市、橿原市など奈良県の介護求人の待遇等の動向

奈良県の介護求人の動向

奈良市、橿原市、生駒市などの求人・給料・離職率などの情報

 

奈良県の総人口は減少が続き、高齢者人口は増え続けている

奈良県の総人口は各年10月1日時点で平成22年が約1,422,000人、平成24年が約1,411,000人、平成26年が約1,397,000人となっており年々減少しています。

この内、高齢者(65歳以上)の人口は平成22年が約333,000人、平成24年が約351,000人、平成26年が約380,000人と増加を続いており、高齢化が進んでいます。

高齢化率は平成26年10月で27.2%で、全国値の26.0%を1.2ポイント上回っています。

(出典:奈良県統計課「年齢別人口調査」」)



 

奈良県の総人口の約4.8%、高齢者人口の約17.8%が介護の支援が必要

平成26年時点で奈良県の高齢者は総計は約380,000人おり、2015年10月時点での介護サービスが必要とされる方は67,500人(要支援20,900人、要介護46,500人)います。これは奈良県の高齢者人口の約17.8%にあたります。

奈良県の主要な都市での要支援・要介護等の認定者数は、奈良市で約17,400人、生駒市4,800人、橿原市4,700人、大和郡山市で4,300人などとなっています。

(出典:WAMネット)



 

奈良県の介護職の求人倍率はどんな感じ?

奈良県の平成26年11月時点の有効求人倍率は0.84倍で全国平均の1.12倍を下回り、都道府県中5番目の低さです。

介護職における求人倍率は、平成26年6月時点で2.54倍となっており、職業全体での値を大きく上回り全国平均値よりも高くなっており、人材が不足しています。

同時点ではその他に建設・採掘が3.14倍、看護師・准看護師が3.00倍など、人材が不足しています。

(出典:奈良労働局「労働市場の動き」、奈良県雇用労政課「人材不足分野における雇用管理改善に係る啓発運動の実施について」)



 

奈良県の介護職員の平均年齢は東海・近畿地方でもっと高い45.3歳

全国の介護職員の平均年齢は44歳に対して奈良県の平均年齢45.3歳と東海・近畿地方で最も高くなっています
職員を年代別で見ると50~55歳が最も多く、16.4%次いで40~45歳、45~50歳が各12.8%、35~40歳、55~60歳が各12.3%となります。

全職員の男女比は男性19.5%、女性80.5%と全国平均に比べ女性が4%ほど多い県となっています。

(出典:介護労働安定センター 平成25年度介護労働実態調査)



 

奈良県の介護職員の給料の水準は高いの?低いの?

※ここで言う給料が月額の給料(月収)で賞与などは含まれていません。

介護職以外の業種も含めた全産業の月収で見ると奈良県は47都道府県中14番目に高い水準となっています。

奈良県の介護職員の給料で比較するとどうでしょうか?

介護職員の全国平均は193,000円に対し、奈良県の介護職員183,700円と全国平均より低く東海・近畿地方の中でも低い水準となっています。これは全国47都道府県中30番目の水準となっています。

(出典:介護労働安定センター 平成25年度介護労働実態調査)



 

奈良県の介護職の1年間の離職率は16.4%。これって高いの?低いの?

奈良県内で働く介護職員の1年間の離職率16.4%という統計があります。これは他の産業に比べて、他県の介護職員に比べて高いのでしょうか?低いのでしょうか?

結論から言うとやや低い水準といえます。
一般的に介護職員の離職率は非常に高いというイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、日本の全産業の年間での離職率は15.6%となっており、一方、介護職員の離職率は16.6%(全国平均)となっています。実は1%しか違いがないのです。

奈良県の介護職員の離職率は16.4%なので、全産業に比べると若干高いが介護職の全国平均より低いということが分かります

(出典:介護労働安定センター 平成25年度介護労働実態調査)

  奈良県の介護求人を検索    
 
 
 
 
 
失敗しない就職、転職の秘密
 
   

東大寺の大仏をはじめ数多くの神社仏閣、古跡のある奈良県

奈良県は近畿地方に位置し、紀伊半島の内陸部に位置します。

古墳時代から奈良時代まで都がおかれ、現在でも古跡や神社仏閣が多数あり、観光地として有名で修学旅行先の定番になっています。大仏のある東大寺や春日大社、薬師寺、唐招提寺などの古都奈良、法隆寺、千本桜で知られる吉野山などは世界遺産に登録されています。
また、奈良公園の鹿などが有名です。

県庁所在地は奈良市で、その他に橿原市や生駒市などが人口が多くなっており、大阪・京都のベッドタウンとしての側面があります。


   

各都道府県の介護業界の動向と求人の情報

北海道・東北エリア
北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東エリア
東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
北陸・甲信越エリア
山梨 長野 新潟 富山 石川 福井
東海エリア
愛知 岐阜 静岡 三重
関西エリア
大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国エリア
広島 岡山 山口 鳥取 島根
四国エリア
香川 愛媛 徳島 高知
九州・沖縄エリア
福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄