ジョブアッタ介護

介護に特化した介護求人サイト。

介護施設の種類と仕事の違い。自分にあった形態を知る

介護施設の種類と違い
 

介護系資格者が勤務する主な介護施設の種類

 

在宅介護(基本的に利用者は自宅で過ごしている介護サービス)

 訪問系(介護員が利用者の自宅に訪問する介護サービス)

事業所の種類 業務内容など 就職の際のポイント・留意点 夜勤
訪問介護
  • 介護員が利用者の自宅に伺い、入浴・排泄の介助、おむつ交換や食事の介助などの身体介護や買物・調理・掃除・洗濯などの生活の支援を行う
  • パート(登録)ヘルパーの場合、利用者のお宅へ直行直帰も多く、勤務時間の融通が利きやすい
  • 利用者の住み慣れた自宅での支援が出来る
  • 私有車を使用するのか、確認をした方がよい
なし
訪問入浴
  • 看護師・介護員・オペレーターと呼ばれる3名が湯沸し装置と湯船を積んだ特殊車両で利用者の自宅に伺い、湯船を居室に運び込んで入浴のサービスを行う
  • 常に3人の職員で行動するため、一人での介護業務が少ない
  • 利用者の住み慣れた自宅での支援が出来る
なし
夜間対応型訪問介護
  • 24時間安心して自宅で生活ができるように、日中・夜間帯において介護員が定期的な巡回や随時の訪問を行い、安否確認やオムツ交換等の日常生活上の支援を行う
  • 24時間体勢で勤務するため、時給や月給など給与が高い傾向がある
  • 利用者の住み慣れた自宅での支援が出来る
あり
   

 通所系(利用者が施設に通ってくる介護サービス)

事業所の種類 業務内容など 就職の際のポイント・留意点 夜勤
デイサービス
(通所介護)
  • 心身機能の維持・回復・向上を目的に日帰りで通う利用者に対し、入浴や食事、日常生活の支援を行う。
    また、レクリエーションを通じて利用者同士の交流も行う。自宅から施設までの送迎業務もある
  • 送迎業務もあるため運転免許がある方がよい
  • 夜勤勤務が出来ない方が勤務しやすい
  • 利用者の定員が施設によって異なる(10~50名等)利用者の人数によって、施設の雰囲気が大きく違うので見学などをしたほうがよい
なし
※1
デイサービス
(認知症対応型通所介護)
  • 認知症を持つ利用者を対象にした専門的な支援を行うデーサービス
  • 心身機能の維持・回復・向上を目的に日帰りで通う利用者に対し、入浴や食事、日常生活の支援を行う。
    また、レクリエーションを通じて利用者同士の交流も行う。自宅から施設までの送迎業務もある
  • 送迎業務もあるため運転免許がある方がよい
  • 夜勤勤務が出来ない方が勤務しやすい
  • 利用者が基本的に全員認知症のため、認知症について詳しく学べる
  • 利用者の定員が比較的少なく、アットホームな雰囲気が多い
なし
※1
デイケア
(通所リハビリ)
  • 老人保健施設、病院・診療所等で行っているデイサービス
  • 理学療法士等のリハビリ専門職によるリハビリテーションの補助や食事、入浴の支援などを行う
  • 送迎業務もあるため運転免許がある方がよい
  • 夜勤勤務が出来ない方が勤務しやすい
なし

※1:お泊りサービス(介護保険外での利用者の宿泊サービス)を実施している事業所もあるので、その際は夜勤もある場合があります。

   

 宿泊系(利用者が一時的に宿泊する介護サービス)

事業所の種類 業務内容など 就職の際のポイント・留意点 夜勤
ショートステイ
(短期入所生活介護)
  • 何らかの理由により家族の方が介護できない場合などに、利用者が一時的に施設に短期間宿泊する
  • 短期宿泊している利用者に対して食事、入浴、排泄等の生活の支援を行う
  • 基本的に利用者は1~3泊程度のため、様々な利用者と接することが出来る。(長期宿泊の利用者もいます)
  • 夜勤勤務ができる方が採用されやすい
あり
   

 小規模多機能型居宅介護(複合的に提供する介護サービス)

事業所の種類 業務内容など 就職の際のポイント・留意点 夜勤
小規模多機能型居宅介護
  • 利用者が自宅でできる限り自立した生活ができるように利用者の活動に合わせて施設への通い『通所』と介護員が自宅への『訪問』、短期間の施設への『宿泊』などを組み合わせた施設。家庭的な環境の下で日常生活上の支援を行う
  • 訪問、デイサービス、ショートステイの3つの仕事を覚えることが出来る
  • 配属先の業務により、夜勤があるので確認が必要
あり
   

施設介護(基本的に利用者は施設で入居する介護サービス)

 特別養護老人ホーム(特養)

事業所の種類 業務内容など 就職の際のポイント・留意点 夜勤
特別養護老人ホーム
(特養)
  • 常時介護が必要な高齢者で、何らかの理由により自宅での介護が困難な方が入所する施設
  • 介護員は食事、入浴、排泄等の支援を行う
  • 利用者は施設に「住んでいる」ので、長期的に利用者と関わることが出来る
  • 様々な介護技術や知識を学ぶことが出来る
  • 施設の形態に「ユニットケア」や「従来型(多床室)」などがあり、取組みが異なるため見学などした方がよい
  • 夜勤が出来る方が採用されやすい
あり
   

 介護老人保健施設(老健)

事業所の種類 業務内容など 就職の際のポイント・留意点 夜勤
老人保健施設
(老健)
  • 病院等を退院後、病状は安定しているも自宅での生活に支障がある高齢者に対し、自宅への復帰を目指しながら入所する施設
  • 医師や看護師が施設に常駐している。看護、医学的管理のもとで、介護員は介護ならびに日常生活上の支援を行う
  • 利用者は1~3ヶ月程度入所しその後退所する
  • 利用者は定期的に退所するため、様々な利用者と接することが出来る
  • 医療系職種が多く働いているため、医療的な知識も身につく
  • 夜勤が出来る方が採用されやすい
あり
   

 グループホーム

事業所の種類 業務内容など 就職の際のポイント・留意点 夜勤
グループホーム
(認知症対応型共同生活介護)
  • 認知症をもつ利用者を対象とした専門的な支援を行う施設
  • 1ユニット5~9名(最大2ユニットまで)の少人数の利用者が自分の役割を持ちながら、家庭的な環境と地域住民との交流の基で介護スタッフと共に共同生活を行う
  • 介護員は食事や入浴等の日常生活上の支援を行う
  • 利用者は施設に「住んでいる」ので、長期的に利用者と関わることが出来る
  • 利用者が基本的に全員認知症のため、認知症について詳しく学べる
  • 夜勤が出来る方が採用されやすい
  • 利用者の人数が少なく、アットホームな雰囲気が多い
あり
   

 その他の施設介護系

事業所の種類 業務内容など 就職の際のポイント・留意点 夜勤
サービス付高齢者向け住宅
  • 高齢者が暮らしやすいように配慮された住まい(部屋)を賃貸または購入して住んでいる施設
  • 介護員はその高齢者に対して、食事や介護、洗濯・掃除などの様々な支援を行う。 業務内容は特養などとあまり変わりません。※2
  • 施設により、自立の方や介護認定を受けている方など入居の条件が様々なため、どのような利用者が入居しているか調べたほうがよい
  • 利用者は施設に「住んでいる」ので、長期的に利用者と関わることが出来る
あり
有料老人ホーム
  • 高齢者が暮らしやすいように配慮された住まい(部屋)を賃貸または購入して住んでいる施設
  • 介護員はその高齢者に対して、食事や介護、洗濯・掃除などの様々な支援を行う。 業務内容は特養などとあまり変わりません。※2
  • 施設により、自立の方や介護認定を受けている方など入居の条件が様々なため、どのような利用者が入居しているか調べたほうがよい
  • 利用者は施設に「住んでいる」ので、長期的に利用者と関わることが出来る
  • 夜勤が出来るほうが採用されやすい※要相談
あり

※2:「有料老人ホーム」と「サービス付高齢者向け住宅」の違い

サービス付き高齢者向け住宅は、住宅部分(各部屋)ごとに賃貸契約を結び、別途介護サービスの契約を結ぶ。

有料老人ホームは、住居とサービスが同一事業者によって提供される施設で、利用権(入居の再に一時金を支払い、居室と建物の共用部分を利用する権利、介護や生活上の支援のサービスを受ける権利)を契約します。

 
   
失敗しない就職、転職の秘密
 

希望に合った全国の求人を検索

全国の介護求人を検索

 

ジョブアッタお役立ちコンテンツ

◆自分にあった介護施設の形態を知る

介護施設形態の違い

介護の仕事といっても施設形態によって違いがあります。自分にあった仕事内容を見つけましょう。

◆介護職員の一日の仕事例

介護員の1日の流れ

介護職の一日の仕事ってどんな感じ?
実際どんな業務内容なのかお教えします。

◆履歴書・職務経歴書の書き方

履歴書の書き方

なかなか面接に進めない…
自分をしっかり伝える履歴書・職務経歴書の書き方をお教えします。

◆卒業年度早見表

卒業年度早見表

履歴書を書くときに意外と思い出すのが大変なのが学歴の入学・卒業の年度ですよね。

◆面接での服装やマナー

面接の服装などマナー

第一印象は10秒で決まります!
服装やマナーをしっかり身に付けましょう

◆介護用語辞典

介護用語辞典

介護の専門用語って難しい…
面接前に復習しましょう!